Home Works Contact Order Map&Link


作家プロフィール

 網野 奈那 Amino Nana 又は Amino−n2 (本名は網野奈々・旧姓は安岡奈々)

  • 1960年 高知県高知市の自宅にて、画家(旧時事漫画家)である安岡明夫の長女として誕生。
  • 1961年〜1980年 千葉・神奈川・兵庫で育ちつつ、絵画を独学。
  • 1981年 ステンドグラススタジオ・ハノン=テペ(代官山)に制作スタッフとして参加。
           鉛桟技法・モザイク技法を習得。以後コパー技法を独学。
  • 1992年 夫の本拠地・山梨県塩山市(現甲州市)にて『川蝉工房』を開く。
           夫の設計した建築を彩るためのステンドグラスパネル・ランプを制作する。
           一般からの注文制作も開始する。
  • 1995年 陶芸家・田村六鵬氏と共にインスタレーション茶室を制作展示。
  • 1996年 WACOA主催インテリアアイディアコンペでサンゲツ賞を受ける。
  • 1997年 夫の建築設計事務所と共に『有限会社アルケドアティス』を設立。
  • 1999年 ギャラリー・アルケドアティスにて【赤の中の青】展を開いた後、事務所・工房を移転する。
  • 2000年 ギャラリー・オガタ(銀座)にて古代布作家・小林恵子氏とコラボレーション展を行う。
  • 2001年 「SAORI」現代手織研究所ギャラリー(代々木)にて【大きなアクセサリー】展を行う。
  • 2002年 勝沼ワイングラス館(山梨)・作家コーナーに出店。
  • 2003年 牧丘町の再生民家・河合邸にて民家協会主催のイベントに出展。
  • 2004年 当社設計の住宅に壁面パネル・壁内埋め込みランプ等を試みる。
  • 2005年 ギャラリー改装を行なう。
  • 2006年 当社設計の再生民家「杣口の家」にて銅板使いCPを試みる。
  • 2007年 当社設計の再生民家「紅石荘」にて銅板使いBLとオブジェランプを試みる。
           11月、東京ビッグサイトに於いてデザインフェスタVol.26に参加。
           12月〜翌年1月ATCファッションスタジアム(大阪)に出展。
  • 2008年 5月、東京ビッグサイトに於いてデザインフェスタVol.27に参加。
           7月、事務所・工房移転。「ステンドグラス工房」を「アトリエ」へ呼称変更。
           8月、「SAORI」現代手織研究所ギャラリー(代々木)にてアクセサリー展を行なう。
           12月、当社ギャラリーに於いて「縄文の遺伝子・展」を開催。
           6人の作家をゲストに迎えたコラボレーションでテーマ『縄文』を多角的に表現した。
  • 2009年 2月、甲州市主催の「星を観る会」にオブジェフロアーランプを出展。
           3月、甲府山交百貨店にて「いけばな小原流」とのコラボレーション展を行う。
  • 2010年 4月、季刊「花美術館」に『縄文の遺伝子』『源姿』『愛の女神-U』が掲載される。
  • 2011年 1月、TV朝日「ちい散歩」でギャラリーとアトリエと本人が紹介された。
  • 2012年 9月、山梨放送「週末仕掛人」でギャラリーとアトリエと本人が紹介された。
  • 2013年 5月、甲州市の山奥で「大菩薩の風」展に参加。
  • 2014年 11月、山梨県広報番組「山梨イマジン」で3分間のスピード紹介をされた。
  • 2015年〜2016年にかけてバネ指を患い手術を断続的に3回受ける(現在は全快)。
  • 2016年 9月、ハーブ庭園ナチュラル倶楽部情報誌秋号で特集紹介をされた。



主な作品:当社設計の住宅・店舗用窓パネル・扉パネル・壁面パネルと各種ランプ、勝沼ワイングラス館壁面パネル・ワインセラー用窓パネル、生活クラブ生協山梨支部窓パネル、岡外科医院ホール用窓パネル、グループホーム「ひかり長屋」ホール用窓パネル、「風の子保育園」ホール用壁面パネル、その他ランプから銅板オブジェ・インテリア小物まで、多数。



事業所名称 : 有限会社 アルケドアティス 工房部門 アトリエ・アルケドアティス
所在地 : 〒404−0043 山梨県甲州市塩山下於曽544−3  電話 : 0553−33−6275
URL : http://www.atelier-n2.com  E-mail : e@atelier-n2.com


作家近影 左:作家近影(2016年ハーブ庭園ナチュラル倶楽部情報誌秋号での紹介写真を借用しました)。


Home Works Contact Order Map&Link